お土産ラーメン 昼顔 gift take home ramen “hirugao”

My friend M brought me a pack of take home ramen from Japan. This is a collaboration product made by a noodle company under license from a famous ramen shop. This one is called Hirugao. There is a famous shoyu ramen shop in Tokyo called Setagaya and they open up during lunch hour under the name Hirugao serving shio ramen only. Interesting concept to open two distinctly different concept businesses in one shop front.

The taste. It is a quite mild mellow taste probably stewing tonkotsu at intentionally lower temperature and length to not get the emulsification of the usual tonkotsu. This lighter tonkotsu based stock matches well with the string bonito second soup. However can taste really strong MSG and the smell of alcohol preservative and kansui is too pungent. This is why I use sodium carbonate kansui instead of potassium carbonate Kansui for my delicate shio. The strong MSG is sadly a sign of japanese norm so I realize again that this is the reason for many people criticizing my ramen as bland or punchless. I am glad we have enough customers supporting the all natural umami of taro’s. it was a good bowl though, there is rarely a bowl I don’t enjoy and it taught me that shio can be a fully satisfying bowl depending on the recipe an relative position in the menu. (at our shop it is the alternative light healthy choice, at Hirugao it is the only and main star on stage).

Anyway thank you M for your kind thought and also for the good luck “omamori”!

東京の有名店でせたが屋という醤油ラーメンの店がある。この店が昼限定で「ひるがお」として塩ラーメンを提供するらしい。こういう1店でテーマを変えて営業するのは何だか粋だなと思う。まだやってるかわからないが確か中村屋も夜はフレンチ風のコース料理を出している。

商社時代の後輩からお土産でひるがおのラーメンをいただいた。こういう手のラーメンは製麺メーカーが有名店とコラボして出来上がるので有名店の味そのままとは行かないが敬意を表して丁寧に作る。丼もスープの素も温めお湯の量もしっかり計り茹で時間も計測。

麺は日持ちする様半生になっている。そのせいかもちもち感も腰も物足りない。

スープは結構トンコツのコクが効いており魚介の風味とマッチしている。化学調味料がかなり強く改めて日本の大衆食文化の化学調味料漬けぶりが分かる。なるほどこれに慣れているとうちの味がパンチがないと感じる人が多いのもうなずける。

食べているうちにカンスイと茹で切った時に抜けきってないアルコール保存料の味がスープに溶けだしてきて匂いが気になる。やはり塩ラーメンはごまかしが効かない。うちではこれを気にして塩ラーメンの麺には炭酸カリウムを抑え炭酸ナトリウムのカンスイを使用している。

塩といえばあっさりだがこういう塩一筋の店ではトンコツ強めのコクがある塩もありだな、というか素直に塩もコクを出せば贅沢感のある一品にしあがるんだと参考になった。

M君、ご馳走様!参考になったよ。御守りもわざわざありがとう!その気持ちもあわせていちばんの御守りになるわ!

20120114-163100.jpg

2 Responses to お土産ラーメン 昼顔 gift take home ramen “hirugao”

  1. 店長 says:

    こんばんは taroさん

    ブログの更新が続き 

    新規一転 何か勢いを感じます。

    >日本の大衆食文化の化学調味料漬けぶりが分かる
    無化学調味料で、頑張りましょう!!!

    丁寧に、味を積み重ねて、美味しいものを作っていきましょう!

    最近日本では、「あっさり・淡麗」が注目されてきたようです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: